只の日記 得るとこ無しよ?


by farsh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ノートパソコンを修理に出しました

先日、生まれて初めてサポートセンターに電話しましたよ。

Dellのノートパソコンを4月ぐらいに買ったんですが、買った当日からブルースクリーンを目にするわ、しばらくほっておくと画面全体が赤一色になって点滅するわで変だったんです。
Windowsマシン、自作機しか使ったことなかったもので、つい「まあ、Windowsだし、こんなもんだよな・・・」などと思っていたんですが、さすがに嫌な予感がしたため修理のお願いをしようと電話してみたわけです。

まず保証書をさがしてみました。すると、どこにも無いんです。もう全身冷や汗もんです。自分の散らかしほったらかし癖を悔やみました。
「うわ~、修理あきらめるか・・・。ほかにいい手ないかなぁ・・・」
と思いながらPCのマニュアルを見てみると、
「Dellでは保証書はお付けしません。すべてPCに貼り付けられたサービスコードで管理してます」
などと書いてあるのを発見。
さすがDell。

PCにかかれたサービスコードを控え、サポートセンターへ電話。
音声案内でサービスコードを入力するよう求められたため、入力。しばらくすると「プルル、プルル」と呼び出し音が。
しかし、「ただいま大変込み合っております。このままお待ちいただくか、しばらくたってからおかけ直しください」と録音された音声が流れてまいりました。
ボーと待つこと15分。
たびたび繰り返された「ただいま大変こみあっておりますが・・・」の音声が、「いったん電話をお切りになりますと、順番が最後になってしまいます。このままお待ちください」との声。いよいよつながるかとドキドキしておりますと、再び「ただいま大変込み合っております。このまま・・・」に逆戻り。順番すっ飛ばされたのか、それともスタッフが飯でも食いにいってしまったのか・・・。
再び待つこと15分。
また「いったんお電話を尾きりになりますと、順番が・・・」に音声案内が切り替わり、こんどは「ぷるる ぷるる」と呼び出し音が。
「ありがとうございます。Dellサポートセンターです」
この声をきくまでに30分、電話の前でボーですよ。
こんど電話を買うときは、ぜったい子機付きの奴にします。
(後日、このことを知人に話しましたら、
・Dellでそんなに待たされるのは結構珍しい
・実は混んでる時間帯がWebでわかる
・他のところは、もっとひどい
などといわれました。どうも自分の運の悪さ&調べ不足が原因のようです)

電話口で、ブルースクリーンがたびたび起こること、画面が赤一色になって点滅することがたびたび起こること、着いた当日から遭遇していることを伝えると、
「原因としてはハードウエア、ソフトウェアの両方が考えられます」
言われました。しかし、なにか発音や言葉遣いに違和感を感じました。どうも、相手、日本人では無い様子。なぜかドキドキ。
次に、
「まず、Windowsの再インストールを行なっていただき、同じ問題が発生するか確認をお願いしたいのですが」
といわれたため、
「買った当日から出た。再インストールまでして確認する必要あります?」
と言ってみると、
「では、こちらに送っていただいて、工場のほうで点検させてもらいますがよろしいですか?」
とあっさり引き取り修理に話が。絶対再インストールやらの確認作業をさせられると思っていたため、ちょっと拍子抜け。
その後、宅配業者が取りに来ること、梱包材は用意していること、等を聞いて話しは終了。
最後に
「お客様に2時間ほどお時間がありましたら、お電話でチェックの方法をご案内しますが」
と言われたりしましたが、「結構です」の一言で終了。

もっと一悶着あると思っていただけに、これだけあっさりと引き取り修理に応じてもらえたのにはびっくりしました。さすがDell。
買った店までわざわざ持っていったりしなくてもいいこと考えると、店売りよりよっぽど楽です。

しかし、まあ、実際、このPCの異常、本当にハードの問題かと言われると、ちょっと自信無かったり。ソフト側の問題だったりしたら恥ずかしいな・・・、などと思いながらドキドキしております。
DirectXのSDK入れたり、開発環境いれたりしてるもんで・・・。
[PR]
by farsh | 2005-06-24 01:25 | pc