只の日記 得るとこ無しよ?


by farsh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

駅のアナウンス

たいしたことじゃないのに、妙に気になることってありますよね?

今年に入ってからだと思うのですが、いつも使っている駅の、電車の扉が閉まる際の警告アナウンスがかわりまして。
変わる前までが、
「扉がしまります。ご注意ください。」
とかだったのが、
「扉を閉めます。ご注意ください。」
になっていました。
「閉まります」から「閉めます」という断固とした意思表示に変えたのには、一体どんな思惑が隠されているんでしょうか。

変わった後では「扉が~」の後に、ほぼ必ず、「駆け込み乗車は危険ですのでおやめください」というアナウンスが付け加えられるので、
「扉を閉めます」
ってので、
「走ってる人、ギリギリ間に合うように見えるかも知れんけど、閉めちゃうから。アンタを待たないから。潔くあきらめてチョーダイ。」
という気持ちを伝えようとしているのではないか、などと思ったりしております。

まあ、そんなことはそれほど気にしてないんですけどね。
そのアナウンスの言い方が、
「扉を閉めます」<-なんかやる気なさげな口調
「駆け込み乗車はお止めください」<-妙にタルそうなのに、気持ち怒気が入ってる
ってのが妙に気になってたり。
聞くたびに、不思議とムカッっと来てたりする今日この頃だったりします。
[PR]
by farsh | 2005-08-29 00:15 | だらだら